紙切れと自転車

体臭が強くなる食べ物とは?

日常の食事において体臭が強くなることがあります。
基本的には肝臓で無臭にしてくれますが、一部のニオイ成分は血液に溶け込んで流れています。
それが口臭や体臭になっているということです。
今回は特に体臭が強くなる要因がある食べ物を紹介していきます。

まずは肉類です、特に赤身は消化に時間がかかるので体内で腐敗してしまうことも、
動物性のたんぱく質は汗が酸化しやすい性質があり、酸性臭が出てくるようです。

次はカレーです。特にインドカレーに含まれているスパイスのクミンは
抗酸化作用がありますが、一方で体臭が強くなるようです。

他にも生クリームやバターなどの動物性の脂肪を含む乳製品は
皮脂の分泌を促進させるほかに、吹き出物などの原因にもなるので注意しましょう。

代表的な食材で思い浮かべるものにニンニクやニラも含まれます。
アルコールやコーヒー、ジャンクフード、意外と知られていないアスパラガスも
体臭が強くなる要因を含んでいる食材です。

食事はバランス良くなので毎日偏った食事をしなければ問題ありませんが、
心当たりがある方は気を付けてみましょう。

体臭は食事で改善できますよ!