紙切れと自転車

潤滑系の役割

車のエンジンの潤滑系について書いて行きます。エンジンオイルはどのような役割を果たしているのでしょうか。

エンジンオイルはエンジン内部で回転や上下運動続ける部品同士のわずかな隙間に入り込んで、オイルの膜を作ります。そして部品同士が擦れ合って生まれる摩擦抵抗や摩耗減少させるという役割があります。それによって滑らかな動きを作り出すというそういう役割を持っているということができます。ですがエンジンオイルの役割はそれだけではありません。エンジンオイルはエンジンの内部に発生した金属部品の摩耗片や燃焼による汚れを落とすというそういう役割があります。またエンジン部品の余分な熱を取り去る冷却機能というそういう役割もあります。ですから多くの役割がある重要なパーツということができます。エンジンオイルですが、エンジンオイルはエンジンの一番下に備えられているオイルパンにためられています。そこからオイルポンプを使って吸い上げられて行き、各ベージュんかんしていくという、そういう仕組みになっています。車買取 旭川