紙切れと自転車

デザインも変更

マツダのアテンザについて書いていきます。アテンザも少し前にマイナーチェンジを行いましたが、そのポイントは内外装のリフレッシュと2リットルのエンジンの直噴化によるエコカー減税の適合ということができます

。外観では五角形のフロントグリルの立体感を高め、派手さをましたフォグランプベゼルを組み合わせることで、フロントマスクの躍動感を出したということができます。5ドアのスポーツとワゴンには、一回り大きなマツダのエンブレムがついたスポーティーなエンブレム採用して、シャープな印象を強めています。ヘッドライトやリヤコンビランプ、アルミホイルなどをデザインも変更されていて、全体的にステージングが洗練されています。2インテリアはセンターパネルやシフトゲートなどにピアノブラックの装飾を採用。エアコンやオーディオのダイヤルにもクロームメッキが施されてインパネの質感を高めています。メーター内にはエコー運転を意識させてくれるエコーランプも内蔵されています。車下取り査定