紙切れと自転車

子どもの時から歯を大切にする重要性

子どもの時から歯を大切する事について理解しているがなぜ大切か十分に理解出来ていない方がおられると思いますので重要性を書いてみました。

子どもの歯は乳歯から永久歯に生え変わりますが、その乳歯に虫歯が見つかった場合治療をしなければいけません。治療した際に次に生えてくる永久歯に影響を起こし、歯並びの悪さや、それに伴う脳の発育不全などに繋がるケースがあります。

歯並びが悪くなると噛み合わせがわるくなり、顔の輪郭変形や、上手く食いしばれない為に起こる運動障害、見た目の問題、凸凹歯列は虫歯になりやすいなどの問題が生じてきます。虫歯になれば治療すれば治ると思われますが、一旦虫歯になってしまうと治療費も掛かりますし、完全な元の歯には戻ることはできません。

ですので小さい時からの歯のお手入れは大切になってくるのです。また、食事も歯にとって大切な予防の1つで、甘いものは当然虫歯になりやすい為、洋菓子などのおやつはなるべく控え、規則正しい食事をする事も大切です。これは食育にも繋がりとても大切なものです。

子どもの歯を健康に保つために1番重要な事は歯磨きをする事です。ただ歯磨きをすればいいというものではなく、子どもが歯磨きした後は必ず親が2度磨きをする事が大切なのです。どんなに綺麗な歯並びをしている子でも必ず磨き残しがあります。それを親が綺麗に磨き上げるのです。

すると虫歯発生率が2度磨きしていない子どもよりも減るという報告があります。最初から大切にすることで大人になっても虫歯になりにくくなるとも言われており、やはり子どもの時から歯を大切にする重要性はとても大きいです。

はははのはの効果